【昔、親の目の盗んで見た深夜映画、その1】青い体験【1973イタリア】

 DVDならずとも、インターネットでお色気たっぷりの動画が蔓延する昨今ではありますが。ほんの20年ほど前までは、いちおうAVビデオなんてのはありましたが、中高生がおいそれとレンタル屋で借りることは困難なミッションの一つでした。まして、レンタル屋の店員が若い女性であればなおさらのことでした。
 そこで、深夜に放映されるちょっとソフトなピンク映画などテレビ欄で見つけることでもあれば、気分はたかぶり、いかにして深夜にそのおピンク映画を見ようかと戦略をたてたものでした。今となっては,TVは家族一人ひとりに1台の世の中ですが、当時は居間に1台という家庭も決して少なくなかったと思います。ですから、いかにして居間のテレビでその作品を見ることが第一のハードルであったわけです。
 私の場合は、幸運にも居間はトイレに行く通路と離れていたため、夜中にトイレで起きた両親と遭遇することはほとんどなかったのですが、息をころしながら最大限にボリュームをしぼってハラハラしながらTV画面を見ていたのを思い出します。
 その中でも大変印象に残っている作品が「青い体験」シリーズです。この作品は母親が急逝してしまった家庭に一人の色っぽい美人の家政婦(ラウラ・アントネッリ)がやってきます。その一家の父親は、この家政婦の気立てのよさやその魅力に魅了されてしまい、求婚しますが、その家庭には同じくこの家政婦に好意をもつ思春期のスケベ息子のアレッサンドロ・モモがいました。そして、モモはアントネッリに「おとなの授業」をうけることになります。
 この映画の当時は、ラウラ・アントネッリは30前半くらいだと思いますが、これがまた色っぽくて今時のハリウッドの美人女優にない艶めかしさがありました。ただのセクシー女優と思いきや、ヴィスコンティの「イノセント」などにもでてる女優さんです。今となってはさほど過激なシーンは少ないのですが、「チラリズムの美学」を感じる作品でもあります。
 また、相手役のアレッサンドロ・モモは17歳の設定(実年齢は20歳)だったんですが、顔はちょっとオッサン臭ささがあるものの、いかにもスケベなとっつあんボーイという趣が印象的でした。ただ、この方はこの作品の2年後にバイク事故で亡くなってしまっていて、これが代表作となったようです。

※この作品もVHSでソフト化以来、DVDでは未発売のようです。出したらそれなりに売れると思うのですが、DVDでのリリースに期待したい作品です。


数多くの映画関連ブログがランキングされています


映画・ドラマ




 

スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ランキング
ブログランキングです。クリックしてランキングアップにご協力ください。
Airランキング
ブログのランキングサイトです、クリックしてランキングアップにご協力ください。

映画・ドラマ
ツイッター
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
【DVD買取王】Blu-ray・DVD・CD・古本買取申込
プロフィール

館長

Author:館長
休日の昼下がりに見てみたい隠れた名作を御紹介します。

ワーナー・マイカル・シネマズ
ネットでラクラクe席リザーブ 映画館で並ばずにチケットが買える!
映画館で並ばずにチケットが買える!
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマのオンラインチケッティング「U-ONLINE」
ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
ブログランキングサイト
お好みのブログが見つかるかな?
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
映画・ドラマ

blogram投票ボタン
欲しいDVDはアマゾンで
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
DVDの最新情報なら
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
655位
アクセスランキングを見る>>
International blogranking
RSSリンクの表示
リンク